時事ネタ

発症したら致死率100%の狂犬病で14年ぶりに死者。水を怖がる恐水症とは?

愛知県豊橋市で、15日、狂犬病を発症した外国人籍の男性が死亡しました。

男性は今年2月ごろにフィリピンで足首を犬にかまれ、来日後に足首や腰の痛み、水を怖がるなどの症状を訴えていたそうです。

狂犬病ってどんな病気?

狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とするウイルス性の人獣共通感染症の一つです。

この病気の特徴は下記のようなものです。

  • 病原体は狂犬病ウイルス
  • 動物から人に感染する人獣感染症の一つ
  • 発症すると致死率ほぼ100%
  • 最も致死率が高い病気としてエイズと共にギネス記録に記録されている
  • 発症後の治療法はなし
  • ワクチンで予防が可能
  • 人から人には感染しない
  • 犬だけでなく馬や牛などからも感染する
  • 噛まれた場所が脳に近いほど潜伏期間が短い
  • 潜伏期間は顔だと2週間、足だと数カ月~2年とも
  • 症状
    ・傷靴のかゆみやチカチカ等の違和感
    ・熱感
    ・不安感
    ・液体の嚥下で痛みを感じ液体を怖がる恐水症
    ・空気の流れに過敏に反応する恐風症
    ・興奮・マヒ・錯乱などの神経症状
  • 脳神経や全身筋肉の麻痺を起し昏睡状態から呼吸障害を起こし死亡する
  • 他の神経疾患との鑑別に苦慮するなど診断が困難な場合も

このように、発症したら手がつけられない病気ですが、発症前にワクチンを接種すれば予防が可能でもあります。

Twitterの反応は?

ネット上の声は?

発症後、ほぼ100%死亡。
怖い。
狂犬病多発地帯に行く場合は、ワクチン接種は必要。
噛まれたら、すみやかに医療機関でワクチン接種。
ほぼ100%・・怖い。
狂犬病ワクチンは日本ではイヌに打ちますが、野生のオオカミ・イヌが感染していて、飼い犬に予防接種を行っても意味がない国も多いです。

そういう場合には、人間にワクチンを打っておくのが当たり前で、渡航する国・地域によってはワクチンを打っておいた方が良い場合もありますね。さほど副反応が強いワクチンでもないので、その方が良いですよ。

狂犬病ウイルスはネコも保有していることがあるので注意が必要です。(ネズミとの接触で感染するため)最近では、2018年にモロッコでネコに噛まれたイギリス人男性が亡くなっています。ネコはイヌと違って狂犬病の予防接種が義務付けられていないので、放し飼いのネコや野良ネコには気を付けましょう。
犬のワクチン反対派みたいな人いるけど、これだけ動物が輸入されてる現状で、いつ再流行しても不思議じゃ無いんだけどね。犬だけじゃなく、猫やハムスター、アライグマ・フェレットあらゆる哺乳類にリスクがあるよ。動物病院の医者に、狂犬病の注射なんて打つ必要は無いと言われたなんて話しをたまに見かけるけど本当かな。獣医ほど恐ろしさを理解してるはずだがね。
海外に行く前に、狂犬病の予防接種を1回めとしばらく置いて計2回受けて行った。2回なので結構余裕を持って受ける必要がありました。
それでも現地で犬や動物に噛まれたら、すぐに医者に行き、またすぐ注射をしてもらうように言われました。
しかし当方はこんな怖い病気とまでは、知りませんでした。
狂犬病については獣医でもいろんな見解があって3年に1度でいいのではないか?という話もありますが、発症したら100%なくなるのは変わらない。
ネパールで犬に噛まれたことある。出発前のワクチンが2回、噛まれた後のワクチンは、当日、翌日、3日後、1週間後、2週間後の計5回。念には念を入れないといけない病気。
動物看護士をしています。学生時代、狂犬病に感染した動物や人の映像を見ました。狂犬と言う名前のついた病気ですが、動物は哺乳類全てに感染します。
自我を忘れて凶暴化した牛や羊、犬や猫、コウモリに人…想像を絶する映像でした。
今回亡くなられてしまったことは残念ですが、看護されていた病院の皆様、大変お疲れ様でした。
本人もしんどかっただろうな。
治療に携わった医療関係者も、「苦しんでる患者を目の前に、死にゆくのを診ていなければならない無力感」は想像できる。
発症すると致死率ほぼ100%、ってのはやっぱり怖いよ。
以前、海外に行くときに「狂犬病の犬は、よだれを垂らしていたり外見を見ればおかしいので、ある程度わかるから避けられる。怖いのはリスなど一見可愛い動物で、アメリカの公園などにもよくいるが、手を出して噛まれたりすると危ない。」と説明を受けたことがあります。
よく聞く病名ですが、意外と知られていないところもあるので注意が必要です。
こういうニュースの時についでにエキノコックスについても取り上げて欲しい。
国内で蔓延しているエキノコックスの方が確率的には怖い。早期発見しない限り治療方はなく、そこら中にエキノコックスが浸潤して苦しみながらゆっくり死ぬ。
日本でエキノコックス対策に無防備なのは大きな問題でペットに検査義務付けるなど対策をしっかりする必要がある。

Yahooコメントより

日本では滅多に話題にもならない狂犬病ですが、海外ではまだ撲滅どころかいつ我が身に降りかかってもおかしくない病気のようです。