芸能人関係

覚醒剤取締法違反の槙原敬之被告、コロナ懸念のために初公判見送りへ

覚醒剤取締法違反で逮捕された槙原敬之被告の初公判について、17日に予定していた初公判を見送ると東京地裁が発表しました。

傍聴に人が集まる事が予測され、新型コロナウイルスへの懸念が強かったためと思われます。

東京では昨日47人、今日48人と感染者が50人近くになっています。

Twitterの反応は?

ネットの反応は?

「新型コロナウイルスの感染状況を受け、多くの傍聴希望者が集まることへの懸念」
一般の傍聴はナシで、記者だけ入れれば良い。
公判延期の理由としては情けない。
傍聴席もソーシャルディスタンス守ればいいだけじゃないの?フェイスシールド付けて弁護人も検事もその場から動かないで弁論すればいいやん。早く判決でるでー。
安全第一なのは分かるけれど法の裁きまで止めてはならんと思う。何かと理由をつけて時間かけ過ぎ。コロナが懸念であれば何らかの対策を打てばよい。
とっとと裁判終えて服役するなり社会復帰の為のリハビリに入る方が被告人の為だと思う。
傍聴者多数の裁判は人数制限されるのだから
傍聴席の半分の人数に制限すれば
隣り合う人がいない状況は可能なのでは?
見送りの理由は傍聴人より
報道関係者の問題の方が大きい気がする
非公開にすると憲法82条1項に違反し,最悪,手続違反による無罪判決が出かねないので,通常よりも傍聴できる人を減らしつつ,傍聴希望者をネット抽選で決めて,集まらないようにすれば良いのではないでしょうか。
リモート裁判にすれば良いのに。
裁判官、判事、検察、被告、弁護士だけ法廷に入るならソーシャルディスタンスは可能と思うし、傍聴人=マスコミは代表が中継映像を見れば良い。

全マスコミに配信すると録画するかもしれないので裁判所の決めた部屋でごく少数のマスコミが視聴するようにして内容は各社で共有すれば良い。

そもそも裁判は「見せ物」ではないのだから、ソーシャルディスタンスを考慮した最低限の傍聴人数を法廷に入れて、公判をすれば良いだけの話ではないでしょうか?
裁判官、検察、弁護士、被告人、証人、傍聴人をチラホラと・・裁判はこれで出来るから。
この際、人数制限とかして対応して欲しい。
注目の裁判やから、傍聴人は、間違いなく多いでしょうね。
槇原さんには、今度こそ更生してほしい。
音楽で人を感動させる能力ある人なんで。
過剰反応のようにも思えてしまうけどーマスク着用でダメなのでしょうか?距離をとることだけでは問題あるのか、他にも原因がありそうな気がしますが。
ミヤネ屋に出てた教授はマスクしていて黙ってれば大丈夫だと言ってたし傍聴席の人は黙って聞いてるから良いと思うけど、喋るのは弁護士とか裁判員の方だしその方達の前にはシート貼って換気したらいい、手洗いうがい、消毒は義務付けて。
この際、人数制限とかして対応して欲しい。
注目の裁判やから、傍聴人は、間違いなく多いでしょうね。
槇原さんには、今度こそ更生してほしい。
音楽で人を感動させる能力ある人なんで。

Yahooコメントより